Wi-Fiの選び方

インターネットは今や生活に欠かせない存在と言っても過言ではありません。スマートフォンやタブレットは家族に一台という時代になり、通信にかかる費用に頭を悩ませているご家庭も多いのではないでしょうか。

Wi-Fiは、自宅で使用しているパソコンやスマートフォンなどの機器が、無線でインターネットに接続できるようになる便利なシステムのことです。インターネット回線を導入しているご家庭なら、Wi-Fi対応の親機(ルーター)を設置するだけで、電波が届く場所であれば家中のどこでもインターネットに接続することが可能になります。Wi-Fiには、複数のネットワーク対応機器が同時に接続できるので、家族全員で利用ができ、定額制なので料金面も安心です。

このように、家族で利用するメリットの多いWi-Fiですが、Wi-Fiを利用するための装置であるルーターには数多くの機種があり、どれを選べば良いかわからないという方も多いと思います。このコラムでは、家庭で利用するWi-Fiルーターの選び方について解説いたします。

Wi-Fiルーターの種類

Wi-Fiルーターには、バッテリー内蔵で持ち運びできるタイプの「モバイルタイプ」と、自宅やオフィスに置いて使用する「据え置きタイプ」の二種類があります。家庭で使用するのに適したルーターを「ホームルーター」と言いますが、モバイルルーターとホームルーターのどちらを選ぶか迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

モバイルルーターの特徴は、外出先にも持ち運びができ、バッテリーの持ちが良い点です。しかし、Wi-Fi電波の出力はホームルーターに比べて弱いため、離れた距離にあるスマートフォンなどのネットワーク対応機器にWi-Fi電波が届きにくいという難点があります。

外出先で主にWi-Fiを利用されたい方や、一人暮らしでワンフロアにお住まいの方ならモバイルルーターが便利ですが、一戸建てやファミリータイプのマンションにお住いのご家族が家の中で利用されるのであれば、壁や階段などの障害物があっても電波が届くように設計されたホームルーターがお勧めです。

ホームルーターの機種と特徴

家庭用Wi-Fiルーターの価格帯は3,000円から10,000円前後と幅広く、対応している無線LANの規格や、通信機能によって値段が変わってきます。Wi-Fiルーターは基本的にどのメーカーのどの製品でもプロバイダを問わず使用することが可能であり、選ぶポイントはまず値段に見合った通信機能が付いているかどうかという点になります。

Wi-Fiと呼ばれる通信方式にも違いがあり、どの無線LAN規格に対応しているかが、ルーターの性能や通信速度を表す最も重要な要素です。そのため、商品説明の最も目立つ部分に「IEEE802.11」で始まる対応規格の表示がされていることが多いです。

WIFIについて

2018年現在の最新規格は「11ac」であり、この表示があれば通信速度が最も速い機種であるということがわかります。11acに対応している機種は5,000円前後で販売されており、通信速度を重視される方にはお勧めです。それより安価で販売されているルーターは一つ前の規格である「11n」対応のものが多く、11acよりも速度は落ちますが、できるだけコストを抑えたい場合はこちらを選択されても通信に問題はないようです。

また、ビームフォーミングといって、ルーター本体が接続する端末の距離や方向を把握して、集中的に電波を届ける技術を搭載した機種を選べば、通信範囲が広がり、Wi-Fiの接続状態がより安定します。11acに対応した機種の多くは、このビームフォーミングにも対応しているので、高速で安定したネット環境をお望みの方には特にお勧めです。

ストリーム数にも注目

その他に、ホームルーターを選ぶ重要なポイントには「ストリーム数」があります。ストリーム数とは、ルーターに内蔵されているアンテナの本数を表します。ストリーム数が多いと、通信速度がより速くなります。

Wi-Fiルーターのパッケージや商品説明には「4×4」や「3×3」などの数字が書かれていますが、この数字がストリーム数を表しています。一般的に、単身向けの製品には1~2本、ファミリー向けの製品には3~4本のアンテナが内蔵されています

ストリーム数が多いWi-Fiルーターは、複数のネットワーク対応機器を同時接続したときに、安定した接続が可能になります。ストリーム数が多いものを選ぶケースとしては家族それぞれのスマートフォンを接続するなど、同時通信の可能性が高い端末が多くある場合となります。

住まいに合わせて選ぶ

自宅が二階建てや三階建ての場合、一台のルーターでかなり広い範囲に電波を届ける必要があるため、メーカーが推奨するハイエンドモデルの製品を選ぶと良いでしょう。ハイエンドモデルとは、機能や性能が最も高く、相応に高額な製品のことを指します。Wi-Fiルーターの場合、価格は1万円以上になりますが、先ほどご説明したビームフォーミング機能や高感度のアンテナが搭載されているハイエンドモデルであれば、階をまたいでも電波を届けることができ、安定した接続が期待できます。

Wi-Fiの電波が届くかどうかは、壁の材質によっても大きく左右されます。木造や軽量鉄骨で造られた壁であれば比較的電波が届きやすいですが、鉄筋コンクリートの壁だと電波が遮られてしまいます。電波が届きにくい構造の家にお住いの場合は、電波を拡張させる中継機などを利用すると良いでしょう。

まとめ

インターネットの普及によって、ご家庭にWi-Fi環境の導入を検討されている方も多いのではないでしょうか。Wi-Fiルーターを設置すれば同時に複数の端末からインターネットに接続でき、料金も定額制のため、通信費の節約にも役立ちます

家族で使用するなら、据え置きタイプのWi-Fiルーターがお勧めです。Wi-Fiルーターを選ぶポイントは、まず対応している無線LANの規格にあります。最新規格の「11ac」の表示がある機種なら間違いなく通信速度が速く、さらにビームフォーミング機能を搭載しているモデルも多いので、接続も安定します。値段は5,000円前後から購入できるので、高性能なルーターをお探しの方にお勧めです。それより安価なルーターは、速度が多少落ちますが、通信には問題ないので、ニーズに合わせて選ぶと良いでしょう。

また、同時に多くの端末からインターネットに接続する可能性のある方は、ルーターのストリーム数を参考にして選ぶと良いでしょう。ストリーム数が多いほど内蔵アンテナの数が多く、複数の端末と一度に接続しても、接続状態が不安定になることがありません。

お住いの構造も考慮すべきポイントです。特に三階建てなど、広い範囲へ電波を発信する必要がある場合は、高性能のハイエンドモデルを選ぶと良いでしょう。

Wi-Fiを導入すればインターネットへの接続がより簡便になり、ストレスなく楽しむことができます。家族同士のコミュニケーションにも役立つので、この機会にぜひ導入を検討されてみて下さい。


参考【モバイルWIFI比較サイト-モバイルWi-Fi最安リサーチ!