Wi-Fi機器を購入する前に

古いノートパソコンでWi-Fiを利用したいという場合、そのノートパソコンに子機機能が付いていないこともあるので、まずは子機の機能があるかどうかを確認します。もしないようなら接続できる電波の規格をそろえて購入し、接続設定する必要があります。

また見逃しがちなのがモデムの問題です。ルーターは複数の子機を利用する、またセキュリティを強固にするという意味で利用されます。そのため、最近販売されている新しいWi-Fi親機にはルーター機能が必ず付いています。ただ問題はモデムです。

これまでインターネットの接続についてまったく変えたことがないという人は、モデムにルーター機能があるかどうかを確認してみましょう。もしモデムにルーター機能が付いている場合、無線LANルーター、つまりWi-Fiルーターモデム両方にルーターの機能が付いているということになるので、二重になってしまいます。

この場合、無線LAN親機のルーター機能を切り、接続しなければなりません。こうしたことを無線LAN親機を購入する前に、しっかりと確認しておくことが必要です。接続しよう、設定しようというときになって、周波数が合わないとか子機が内蔵されていないなどがわかると、購入に行く時間も無駄な時間となってしまいます。

子機とあわせて販売されているものもある

Wi-Fiルーター、無線LANルーターには、子機とともに販売されているものもあります。以前はパソコンなどに子機が内蔵されていないものも多く、その場合、USBやカード型の子機を接続して無線LANの接続設定を行う必要がありました。

しかし現在、デスクトップパソコンには子機内蔵ではないものもありますが、通常、ノートパソコン、タブレット、スマホなどに子機が内蔵されています。そのため、親機と子機がセットで販売されている物ではなく、親機単体で販売しているものを選択する方の方が多くなるでしょう。

ここで注意が必要なのか、11nの子機が内蔵されたパソコンを利用する場合です。高速通信をしたい時、11acの親機を利用しますが、11n内蔵では利用できないので、子機の機能を停止した上で、11ac用の外付け子機を購入し接続設定して利用する必要があります。

こうしたことを確認せず子機を購入してしまうと、利用できないということになるので、わからない場合は、家電量販店のスタッフの方などに確認し、どの親機を購入すればいいか聞いてみましょう。利用したい子機の型番などを調べて聞けばどの機器を購入すればいいか判断してくれます。

最近は簡単設定ができるAOSS等の機能が付いているものが多くなっていますので、設定が非常に楽になっています。

Wi-Fi機器、親機を選ぼう

無線LANは周波数同士があっている状態で通信できものなので、まずは無線LANで利用する電波を理解しておく必要があります。現在利用されている規格にはいろいろなものがありますが、一般的なものは、11a、11bなど5つあります。

IEEE802.11の後ろにどの小文字が付くかによって速度と周波数が違います。
11aは、速度、つながりやすさ共に今利用されているものの中で低いものです。ほかの電波の干渉に強いという特徴がありますが、直線の通信が得意なので、障害物などがあると安定しません。11gは、つながりやすいけれど速度的には遅いタイプです。障害物に強く電波の通りが遠くまで届くという特徴がありますが、11aとは逆にほかの電波の影響を受けやすい種類です。

11n/gは速度も速くつながりやすさが優れている通信です。遠くまで電波が届きますし、比較的干渉にも強いという特徴があります。最近もっともWi-Fiルーターに利用されている機器です。11n/gが最も優れた接続といってもいいでしょう。

11n/aはつながりにくく速度も遅い、11acは、速度は非常に速いのですが、つながりは不安定です。現在販売されている機器の多くは、これらの規格をいくつか組合わせて機器を作り販売しています。「11n/g+11g+11b」などの組み合わせです。つまりどんなふうにも利用できるようになっているということです。

Wi-Fi機器ってよくわからない

Wi-Fiが利用できるようになって、自宅でも無線LANを利用するようになったご家庭は多いでしょう。
今まで有線の頃にはケーブルが届いているところに異動してケーブルを接続してインターネットをみるという面倒がありましたが、Wi-Fiの通信が可能なところならバスルームでもキッチンでも利用できるのですから便利な世の中になりました。

外出先でも公衆無線LANがあれば自由にWi-Fiを利用できますから、携帯電話会社の通信網を利用して上限を気にするより自由でストレスのない通信が可能となっています。本当にこういう機器類はどんどん進化して、なかなかついていけない現状があります。

若い人でも、Wi-Fiという意味をあまり理解せず利用されている人が多いんじゃないでしょうか。無線LANと同じようなものという理解はしていても、本当にどのようなシステムになっていて、どんなデメリットがあるのか、リスクなども知っておかないと、何か起こってから後悔するということにもなります。

今自宅が有線で、これから無線LANにしてWi-Fiを利用できるようにしようということになると、必ず必要になるのがアクセスポイント、親機と呼ばれる無線LANルーターです。また無線LANルーターを利用してインターネットを閲覧などできる子機も必要となります。子機はパソコンやタブレット、スマホ等のことです。これらを利用してWi-Fi通信を行うのですが、どのような機器を購入すればいいのか?迷ってしまいます。

そこで当サイトはWi-Fi機器を選ぶポイントをお知らせします。子機に関しては、現在販売されている物であれば、無線LANが利用できるシステムが内蔵となっているものがほとんどなので、デスクトップパソコン以外、通常入っていると考えておいていいでしょう。当サイトが皆様のお役にたてたら幸いです。