Wi-Fi機器、親機を選ぼう

無線LANは周波数同士があっている状態で通信できものなので、まずは無線LANで利用する電波を理解しておく必要があります。現在利用されている規格にはいろいろなものがありますが、一般的なものは、11a、11bなど5つあります。

IEEE802.11の後ろにどの小文字が付くかによって速度と周波数が違います。
11aは、速度、つながりやすさ共に今利用されているものの中で低いものです。ほかの電波の干渉に強いという特徴がありますが、直線の通信が得意なので、障害物などがあると安定しません。11gは、つながりやすいけれど速度的には遅いタイプです。障害物に強く電波の通りが遠くまで届くという特徴がありますが、11aとは逆にほかの電波の影響を受けやすい種類です。

11n/gは速度も速くつながりやすさが優れている通信です。遠くまで電波が届きますし、比較的干渉にも強いという特徴があります。最近もっともWi-Fiルーターに利用されている機器です。11n/gが最も優れた接続といってもいいでしょう。

11n/aはつながりにくく速度も遅い、11acは、速度は非常に速いのですが、つながりは不安定です。現在販売されている機器の多くは、これらの規格をいくつか組合わせて機器を作り販売しています。「11n/g+11g+11b」などの組み合わせです。つまりどんなふうにも利用できるようになっているということです。