Wi-Fi機器を購入する前に

ノートパソコン古いノートパソコンでWi-Fiを利用したいという場合、そのノートパソコンに子機機能が付いていないこともあるので、まずは子機の機能があるかどうかを確認します。
もしないようなら接続できる電波の規格をそろえて購入し、接続設定する必要があります。

また見逃しがちなのがモデムの問題です。ルーターは複数の子機を利用する、またセキュリティを強固にするという意味で利用されます。
そのため、最近販売されている新しいWi-Fi親機にはルーター機能が必ず付いています。
ただ問題はモデムです。

これまでインターネットの接続についてまったく変えたことがないという人は、モデムにルーター機能があるかどうかを確認してみましょう
もしモデムにルーター機能が付いている場合、無線LANルーター、つまりWi-Fiルーターモデム両方にルーターの機能が付いているということになるので、二重になってしまいます。

この場合、無線LAN親機のルーター機能を切り、接続しなければなりません。こうしたことを無線LAN親機を購入する前に、しっかりと確認しておくことが必要です。接続しよう、設定しようというときになって、周波数が合わないとか子機が内蔵されていないなどがわかると、購入に行く時間も無駄な時間となってしまいます。


関連する記事

???